2022 年 10 月 18 日に開催される Firebase Summit に、直接会場で、またはオンラインでご参加ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速させ、自信を持ってアプリをリリースし、簡単にスケールする方法をご紹介します。 今すぐ申し込む

Apple プラットフォームでのインストールと設定

Firebase Realtime Database はクラウドホスト型データベースです。データは JSON として保存され、接続されているすべてのクライアントとリアルタイムに同期されます。Android、iOS、JavaScript SDK を使用してクロスプラットフォーム アプリを構築すると、すべてのクライアントによって 1 つの Realtime Database インスタンスが共有され、最新のデータによる更新が自動的に受信されます。

Firebase Realtime Database は、iOS、macOS、macOS Catalyst、tvOS、watchOS など、すべての Apple プラットフォームで利用できます。App Clips では使用できません。このページでは iOS の場合を例に挙げて設定手順を説明していますが、その他の Apple プラットフォームを使用した場合でも手順は同じです。

前提条件

  1. Firebase SDK をインストールします
  2. Firebase コンソールでアプリを Firebase プロジェクトに追加します。

データベースを作成する

  1. Firebase コンソールの [Realtime Database] セクションに移動します。既存の Firebase プロジェクトを選択するよう求められます。データベース作成ワークフローに従います。

  2. Firebase セキュリティ ルールの開始モードを選択します。

    テストモード

    モバイルおよびウェブ クライアント ライブラリを使用する場合に適していますが、すべてのユーザーがデータを読み取り、上書きできます。テストが終わったら、Firebase Realtime Database ルールについてを確認してください。

    ウェブ、Apple、Android SDK を使用する場合は、テストモードを選択します。

    ロックモード

    モバイルおよびウェブ クライアントからのすべての読み書きを拒否します。認証されたアプリケーション サーバーは引き続きデータベースにアクセスできます。

  3. データベースのロケーションを選択します。

    データベースのロケーションに応じて、新しいデータベースの URL は次のいずれかの形式になります。

    • DATABASE_NAME.firebaseio.comus-central1 のデータベースの場合)

    • DATABASE_NAME.REGION.firebasedatabase.app(他のすべてのロケーションのデータベースの場合)

  4. [完了] をクリックします。

Realtime Database を有効にすると、Cloud API Manager で API も有効になります。

アプリに Firebase Realtime Database を追加する

Swift Package Manager を使用して Firebase の依存関係のインストールと管理を行います。

  1. Xcode でアプリのプロジェクトを開いたまま、[File] > [Add Packages] の順に移動します。
  2. プロンプトが表示されたら、Firebase Apple プラットフォーム SDK リポジトリを追加します。
  3.   https://github.com/firebase/firebase-ios-sdk
  4. Realtime Database ライブラリを選択します。
  5. 上記の作業が完了すると、Xcode は依存関係の解決とバックグラウンドでのダウンロードを自動的に開始します。

Realtime Database のルールを構成する

Realtime Database には宣言型のルール言語が用意されているため、データの構造化方法、インデックスの作成方法、データの書き込みと読み取りのタイミングを定義できます。

Firebase Realtime Database を設定する

Firebase アプリの参照を作成または使用する前に、Firebase を初期化する必要があります。他の Firebase 機能ですでに初期化を行っている場合は、この手順をスキップできます。

  1. UIApplicationDelegateFirebaseCore モジュールと、アプリのデリゲートが使用する他の Firebase モジュールをインポートします。たとえば、Cloud Firestore と Authentication を使用するには、次のようにします。

    Swift

    import FirebaseCore
    import FirebaseFirestore
    import FirebaseAuth
    // ...
          

    Objective-C

    @import FirebaseCore;
    @import FirebaseFirestore;
    @import FirebaseAuth;
    // ...
          
  2. FirebaseApp 共有インスタンスを構成します。通常は App のイニシャライザまたはアプリのデリゲートの application(_:didFinishLaunchingWithOptions:) メソッドで構成します。

    Swift

    // Use Firebase library to configure APIs
    FirebaseApp.configure()

    Objective-C

    // Use Firebase library to configure APIs
    [FIRApp configure];
  3. データベースの参照を作成し、書き込み先のロケーションを指定します。

    Swift

    注: この Firebase プロダクトは、App Clip ターゲットでは使用できません。
    var ref: DatabaseReference!
    
    ref = Database.database().reference()

    Objective-C

    注: この Firebase プロダクトは、App Clip ターゲットでは使用できません。
    @property (strong, nonatomic) FIRDatabaseReference *ref;
    
    self.ref = [[FIRDatabase database] reference];

次のステップ