2022 年 10 月 18 日に開催される Firebase Summit に、直接会場で、またはオンラインでご参加ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速させ、自信を持ってアプリをリリースし、簡単にスケールする方法をご紹介します。 今すぐ登録

Android で Firebase 匿名認証を行う

Firebase で認証する一時的な匿名アカウントを、Firebase Authentication で作成して使用できます。一時的な匿名アカウントを使用すると、アプリに登録していないユーザーが、セキュリティ ルールで保護されているデータを使用できるようになります。匿名ユーザーがアプリに登録する場合は、ログイン認証情報を匿名アカウントにリンクすると、それ以後のセッションでも引き続き、保護されているデータを使用できます。

始める前に

  1. まだ Firebase を Android プロジェクトに追加していない場合は追加します。
  2. モジュール(アプリレベル)の Gradle ファイル(通常は <project>/<app-module>/build.gradle)に、Firebase Authentication Android ライブラリの依存関係を追加します。ライブラリのバージョニングの制御には、Firebase Android 部品構成表を使用することをおすすめします。

    Java

    dependencies {
        // Import the BoM for the Firebase platform
        implementation platform('com.google.firebase:firebase-bom:30.4.1')
    
        // Add the dependency for the Firebase Authentication library
        // When using the BoM, you don't specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-auth'
    }
    

    Firebase Android 部品構成表を使用すると、アプリは常に互換性のあるバージョンの Firebase Android ライブラリを使用します。

    (別の方法)BoM を使用せずに Firebase ライブラリの依存関係を追加する

    Firebase BoM を使用しない場合は、依存関係の行でそれぞれの Firebase ライブラリのバージョンを指定する必要があります。

    アプリで複数の Firebase ライブラリを使用する場合は、すべてのバージョンの互換性を確保するため、BoM を使用してライブラリのバージョンを管理することを強くおすすめします。

    dependencies {
        // Add the dependency for the Firebase Authentication library
        // When NOT using the BoM, you must specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-auth:21.0.8'
    }
    

    Kotlin+KTX

    dependencies {
        // Import the BoM for the Firebase platform
        implementation platform('com.google.firebase:firebase-bom:30.4.1')
    
        // Add the dependency for the Firebase Authentication library
        // When using the BoM, you don't specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-auth-ktx'
    }
    

    Firebase Android 部品構成表を使用すると、アプリは常に互換性のあるバージョンの Firebase Android ライブラリを使用します。

    (別の方法)BoM を使用せずに Firebase ライブラリの依存関係を追加する

    Firebase BoM を使用しない場合は、依存関係の行でそれぞれの Firebase ライブラリのバージョンを指定する必要があります。

    アプリで複数の Firebase ライブラリを使用する場合は、すべてのバージョンの互換性を確保するため、BoM を使用してライブラリのバージョンを管理することを強くおすすめします。

    dependencies {
        // Add the dependency for the Firebase Authentication library
        // When NOT using the BoM, you must specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-auth-ktx:21.0.8'
    }
    
  3. アプリを Firebase プロジェクトに接続していない場合は、Firebase コンソールで接続します。
  4. 匿名認証を有効にします。
    1. Firebase コンソールで [Authentication] セクションを開きます。
    2. [Sign-in method] ページで [匿名] を有効にします。
    3. 省略可: プロジェクトを Identity Platform を使用する Firebase Authentication にアップグレードした場合は、自動クリーンアップを有効にできます。この設定を有効にすると、30 日以上経過した匿名アカウントは自動的に削除されます。自動クリーンアップが有効になっているプロジェクトでは、匿名認証が使用量上限または請求の割り当てに対してカウントされなくなります。自動クリーンアップをご覧ください。

Firebase 匿名認証を行う

ログアウトしたユーザーが Firebase での認証が必要なアプリ機能を使用する場合は、次の手順に沿って匿名でのユーザーのログインを行います。

  1. アクティビティの onCreate メソッドで、FirebaseAuth オブジェクトの共有インスタンスを取得します。

    Java

    private FirebaseAuth mAuth;
    // ...
    // Initialize Firebase Auth
    mAuth = FirebaseAuth.getInstance();

    Kotlin+KTX

    private lateinit var auth: FirebaseAuth
    // ...
    // Initialize Firebase Auth
    auth = Firebase.auth
  2. アクティビティを初期化するときに、ユーザーが現在ログインしているかどうかを確認します。

    Java

    @Override
    public void onStart() {
        super.onStart();
        // Check if user is signed in (non-null) and update UI accordingly.
        FirebaseUser currentUser = mAuth.getCurrentUser();
        updateUI(currentUser);
    }

    Kotlin+KTX

    public override fun onStart() {
        super.onStart()
        // Check if user is signed in (non-null) and update UI accordingly.
        val currentUser = auth.currentUser
        updateUI(currentUser)
    }
  3. 最後に、signInAnonymously を呼び出して匿名ユーザーとしてログインします。

    Java

    mAuth.signInAnonymously()
            .addOnCompleteListener(this, new OnCompleteListener<AuthResult>() {
                @Override
                public void onComplete(@NonNull Task<AuthResult> task) {
                    if (task.isSuccessful()) {
                        // Sign in success, update UI with the signed-in user's information
                        Log.d(TAG, "signInAnonymously:success");
                        FirebaseUser user = mAuth.getCurrentUser();
                        updateUI(user);
                    } else {
                        // If sign in fails, display a message to the user.
                        Log.w(TAG, "signInAnonymously:failure", task.getException());
                        Toast.makeText(AnonymousAuthActivity.this, "Authentication failed.",
                                Toast.LENGTH_SHORT).show();
                        updateUI(null);
                    }
                }
            });

    Kotlin+KTX

    auth.signInAnonymously()
            .addOnCompleteListener(this) { task ->
                if (task.isSuccessful) {
                    // Sign in success, update UI with the signed-in user's information
                    Log.d(TAG, "signInAnonymously:success")
                    val user = auth.currentUser
                    updateUI(user)
                } else {
                    // If sign in fails, display a message to the user.
                    Log.w(TAG, "signInAnonymously:failure", task.exception)
                    Toast.makeText(baseContext, "Authentication failed.",
                            Toast.LENGTH_SHORT).show()
                    updateUI(null)
                }
            }
    ログインが成功した場合は、getCurrentUser メソッドを使用してユーザーのアカウント データを取得できます。

匿名アカウントを永久アカウントに変換する

匿名ユーザーがアプリへ登録した後、新しいアカウントの下で引き続き従来の作業を行えるようにしなければならない場合があります。たとえば、アプリへの登録前にユーザーがショッピング カートに追加したアイテムを、新しいアカウントのショッピング カートにも入れておく、といったケースです。手順は次のとおりです。

  1. ユーザーがアプリに登録したら、ユーザーの認証プロバイダのログインフローを行います(ただし、いずれかの FirebaseAuth.signInWith メソッドを呼び出す手前まで)。たとえば、ユーザーの Google ID トークン、Facebook アクセス トークン、メールアドレスとパスワードを取得します。
  2. 新しい認証プロバイダの AuthCredential を取得します。

    Google ログイン

    Java

    AuthCredential credential = GoogleAuthProvider.getCredential(googleIdToken, null);

    Kotlin+KTX

    val credential = GoogleAuthProvider.getCredential(googleIdToken, null)
    Facebook ログイン

    Java

    AuthCredential credential = FacebookAuthProvider.getCredential(token.getToken());

    Kotlin+KTX

    val credential = FacebookAuthProvider.getCredential(token.token)
    メールとパスワードによるログイン

    Java

    AuthCredential credential = EmailAuthProvider.getCredential(email, password);

    Kotlin+KTX

    val credential = EmailAuthProvider.getCredential(email, password)
  3. ログイン ユーザーの linkWithCredential メソッドに AuthCredential オブジェクトを渡します。

    Java

    mAuth.getCurrentUser().linkWithCredential(credential)
            .addOnCompleteListener(this, new OnCompleteListener<AuthResult>() {
                @Override
                public void onComplete(@NonNull Task<AuthResult> task) {
                    if (task.isSuccessful()) {
                        Log.d(TAG, "linkWithCredential:success");
                        FirebaseUser user = task.getResult().getUser();
                        updateUI(user);
                    } else {
                        Log.w(TAG, "linkWithCredential:failure", task.getException());
                        Toast.makeText(AnonymousAuthActivity.this, "Authentication failed.",
                                Toast.LENGTH_SHORT).show();
                        updateUI(null);
                    }
                }
            });

    Kotlin+KTX

    auth.currentUser!!.linkWithCredential(credential)
            .addOnCompleteListener(this) { task ->
                if (task.isSuccessful) {
                    Log.d(TAG, "linkWithCredential:success")
                    val user = task.result?.user
                    updateUI(user)
                } else {
                    Log.w(TAG, "linkWithCredential:failure", task.exception)
                    Toast.makeText(baseContext, "Authentication failed.",
                            Toast.LENGTH_SHORT).show()
                    updateUI(null)
                }
            }

linkWithCredential の呼び出しが成功したら、ユーザーの新しいアカウントが匿名アカウントの Firebase データにアクセスできるようになります。

自動クリーンアップ

プロジェクトを Identity Platform を使用する Firebase Authentication にアップグレードした場合は、Firebase コンソールで自動クリーンアップを有効にできます。この機能を有効にすると、Firebase では 30 日以上経過した匿名アカウントが自動的に削除されます。自動クリーンアップが有効になっているプロジェクトでは、匿名認証は使用量上限または請求の割り当てに対してカウントされません。

  • 自動クリーンアップを有効にしてから作成した匿名アカウントはすべて、作成後 30 日が経過すると自動的に削除されます。
  • 自動クリーンアップを有効にする前に作成した匿名アカウントは、自動クリーンアップを有効にしてから 30 日後に自動削除の対象となります。
  • 自動クリーンアップをオフにしても、削除が予定されている匿名アカウントはすべて、削除予定のままになります。こうしたアカウントは使用量上限や請求の割り当てに対してカウントされません。
  • 匿名アカウントを任意のログイン方法にリンクして「アップグレード」しても、アカウントが自動的に削除されることはありません。

この機能を有効にする前に、影響を受けるユーザーの数を確認し、プロジェクトを Identity Platform を使用する Firebase Authentication にアップグレードした場合、is_anonCloud Logging 内)でフィルタできます。

次のステップ

これで、ユーザーが Firebase で認証できるようになったので、Firebase ルールを使用して、Firebase データベースのデータへのユーザー アクセスを管理できます。