Firebase Summit で発表されたすべての情報をご覧ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速し、自信を持ってアプリを実行する方法を紹介しています。詳細

Firebaseでユーザーを管理する

ユーザーを作成する

Firebaseプロジェクトで新しいユーザーを作成するには、 createUserWithEmailAndPasswordメソッドを呼び出すか、 GoogleサインインFacebookログインなどのフェデレーションIDプロバイダーを使用してユーザーに初めてサインインします。

[ユーザー]ページのFirebaseコンソールの[認証]セクションから、パスワードで認証された新しいユーザーを作成することもできます。

現在サインインしているユーザーを取得する

現在のユーザーを取得するための推奨される方法は、 getCurrentUserメソッドを呼び出すことです。サインインしているユーザーがいない場合、 getCurrentUserはnullを返します。

Java

FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();
if (user != null) {
    // User is signed in
} else {
    // No user is signed in
}

Kotlin+KTX

val user = Firebase.auth.currentUser
if (user != null) {
    // User is signed in
} else {
    // No user is signed in
}

getCurrentUserがnull以外のFirebaseUserを返すが、基になるトークンが無効な場合があります。これは、たとえば、ユーザーが別のデバイスで削除され、ローカルトークンが更新されていない場合に発生する可能性があります。この場合、有効なユーザーgetCurrentUserを取得できますが、認証されたリソースへの後続の呼び出しは失敗します。

authオブジェクトの初期化が完了していないため、 getCurrentUsernullを返す場合があります。

AuthStateListenerをアタッチすると、基になるトークンの状態が変化するたびにコールバックが発生します。これは、上記のようなエッジケースに対応するのに役立ちます。

ユーザーのプロファイルを取得する

ユーザーのプロファイル情報を取得するには、 FirebaseUserのインスタンスのアクセサーメソッドを使用します。例えば:

Java

FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();
if (user != null) {
    // Name, email address, and profile photo Url
    String name = user.getDisplayName();
    String email = user.getEmail();
    Uri photoUrl = user.getPhotoUrl();

    // Check if user's email is verified
    boolean emailVerified = user.isEmailVerified();

    // The user's ID, unique to the Firebase project. Do NOT use this value to
    // authenticate with your backend server, if you have one. Use
    // FirebaseUser.getIdToken() instead.
    String uid = user.getUid();
}

Kotlin+KTX

val user = Firebase.auth.currentUser
user?.let {
    // Name, email address, and profile photo Url
    val name = user.displayName
    val email = user.email
    val photoUrl = user.photoUrl

    // Check if user's email is verified
    val emailVerified = user.isEmailVerified

    // The user's ID, unique to the Firebase project. Do NOT use this value to
    // authenticate with your backend server, if you have one. Use
    // FirebaseUser.getToken() instead.
    val uid = user.uid
}

ユーザーのプロバイダー固有のプロファイル情報を取得する

ユーザーにリンクされているサインインプロバイダーから取得したプロファイル情報を取得するには、 getProviderDataメソッドを使用します。例えば:

Java

FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();
if (user != null) {
    for (UserInfo profile : user.getProviderData()) {
        // Id of the provider (ex: google.com)
        String providerId = profile.getProviderId();

        // UID specific to the provider
        String uid = profile.getUid();

        // Name, email address, and profile photo Url
        String name = profile.getDisplayName();
        String email = profile.getEmail();
        Uri photoUrl = profile.getPhotoUrl();
    }
}

Kotlin+KTX

val user = Firebase.auth.currentUser
user?.let {
    for (profile in it.providerData) {
        // Id of the provider (ex: google.com)
        val providerId = profile.providerId

        // UID specific to the provider
        val uid = profile.uid

        // Name, email address, and profile photo Url
        val name = profile.displayName
        val email = profile.email
        val photoUrl = profile.photoUrl
    }
}

ユーザーのプロファイルを更新する

updateProfileメソッドを使用して、ユーザーの基本的なプロファイル情報(ユーザーの表示名とプロファイル写真のURL)を更新できます。例えば:

Java

FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();

UserProfileChangeRequest profileUpdates = new UserProfileChangeRequest.Builder()
        .setDisplayName("Jane Q. User")
        .setPhotoUri(Uri.parse("https://example.com/jane-q-user/profile.jpg"))
        .build();

user.updateProfile(profileUpdates)
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                if (task.isSuccessful()) {
                    Log.d(TAG, "User profile updated.");
                }
            }
        });

Kotlin+KTX

val user = Firebase.auth.currentUser

val profileUpdates = userProfileChangeRequest {
    displayName = "Jane Q. User"
    photoUri = Uri.parse("https://example.com/jane-q-user/profile.jpg")
}

user!!.updateProfile(profileUpdates)
        .addOnCompleteListener { task ->
            if (task.isSuccessful) {
                Log.d(TAG, "User profile updated.")
            }
        }

ユーザーのメールアドレスを設定する

updateEmailメソッドを使用してユーザーの電子メールアドレスを設定できます。例えば:

Java

FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();

user.updateEmail("user@example.com")
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                if (task.isSuccessful()) {
                    Log.d(TAG, "User email address updated.");
                }
            }
        });

Kotlin+KTX

val user = Firebase.auth.currentUser

user!!.updateEmail("user@example.com")
        .addOnCompleteListener { task ->
            if (task.isSuccessful) {
                Log.d(TAG, "User email address updated.")
            }
        }

ユーザーに確認メールを送信する

sendEmailVerificationメソッドを使用して、アドレス確認メールをユーザーに送信できます。例えば:

Java

FirebaseAuth auth = FirebaseAuth.getInstance();
FirebaseUser user = auth.getCurrentUser();

user.sendEmailVerification()
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                if (task.isSuccessful()) {
                    Log.d(TAG, "Email sent.");
                }
            }
        });

Kotlin+KTX

val user = Firebase.auth.currentUser

user!!.sendEmailVerification()
        .addOnCompleteListener { task ->
            if (task.isSuccessful) {
                Log.d(TAG, "Email sent.")
            }
        }

Firebaseコンソールの[認証]セクションで使用されるメールテンプレートは、[メールテンプレート]ページでカスタマイズできます。 Firebaseヘルプセンターのメールテンプレートをご覧ください。

確認メールを送信するときに、続行URLを介して状態を渡し、アプリにリダイレクトすることもできます。

さらに、電子メールを送信する前にAuthインスタンスの言語コードを更新することにより、検証電子メールをローカライズできます。例えば:

Java

auth.setLanguageCode("fr");
// To apply the default app language instead of explicitly setting it.
// auth.useAppLanguage();

Kotlin+KTX

auth.setLanguageCode("fr")
// To apply the default app language instead of explicitly setting it.
// auth.useAppLanguage()

ユーザーのパスワードを設定する

updatePasswordメソッドを使用してユーザーのパスワードを設定できます。例えば:

Java

FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();
String newPassword = "SOME-SECURE-PASSWORD";

user.updatePassword(newPassword)
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                if (task.isSuccessful()) {
                    Log.d(TAG, "User password updated.");
                }
            }
        });

Kotlin+KTX

val user = Firebase.auth.currentUser
val newPassword = "SOME-SECURE-PASSWORD"

user!!.updatePassword(newPassword)
        .addOnCompleteListener { task ->
            if (task.isSuccessful) {
                Log.d(TAG, "User password updated.")
            }
        }

パスワードリセットメールを送信する

sendPasswordResetEmailメソッドを使用して、パスワードリセットの電子メールをユーザーに送信できます。例えば:

Java

FirebaseAuth auth = FirebaseAuth.getInstance();
String emailAddress = "user@example.com";

auth.sendPasswordResetEmail(emailAddress)
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                if (task.isSuccessful()) {
                    Log.d(TAG, "Email sent.");
                }
            }
        });

Kotlin+KTX

val emailAddress = "user@example.com"

Firebase.auth.sendPasswordResetEmail(emailAddress)
        .addOnCompleteListener { task ->
            if (task.isSuccessful) {
                Log.d(TAG, "Email sent.")
            }
        }

Firebaseコンソールの[認証]セクションで使用されるメールテンプレートは、[メールテンプレート]ページでカスタマイズできます。 Firebaseヘルプセンターのメールテンプレートをご覧ください。

パスワードリセットメールを送信するときに、続行URLを介して状態を渡し、アプリにリダイレクトすることもできます。

さらに、電子メールを送信する前にAuthインスタンスの言語コードを更新することにより、パスワードリセット電子メールをローカライズできます。例えば:

Java

auth.setLanguageCode("fr");
// To apply the default app language instead of explicitly setting it.
// auth.useAppLanguage();

Kotlin+KTX

auth.setLanguageCode("fr")
// To apply the default app language instead of explicitly setting it.
// auth.useAppLanguage()

Firebaseコンソールからパスワードリセットメールを送信することもできます。

ユーザーを削除する

deleteメソッドを使用してユーザーアカウントを削除できます。例えば:

Java

FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();

user.delete()
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                if (task.isSuccessful()) {
                    Log.d(TAG, "User account deleted.");
                }
            }
        });

Kotlin+KTX

val user = Firebase.auth.currentUser!!

user.delete()
        .addOnCompleteListener { task ->
            if (task.isSuccessful) {
                Log.d(TAG, "User account deleted.")
            }
        }

Firebaseコンソールの[認証]セクションの[ユーザー]ページからユーザーを削除することもできます。

ユーザーを再認証する

アカウントの削除、メインのメールアドレスの設定、パスワードの変更など、セキュリティ上重要なアクションの中には、ユーザーが最近サインインしている必要があるものがあります。これらのアクションのいずれかを実行し、ユーザーがかなり前にサインインした場合は、アクションは失敗し、 FirebaseAuthRecentLoginRequiredExceptionをスローします。これが発生した場合は、ユーザーから新しいサインインクレデンシャルを取得し、クレデンシャルを渡して再認証することにより、ユーザーをreauthenticateします。例えば:

Java

FirebaseUser user = FirebaseAuth.getInstance().getCurrentUser();

// Get auth credentials from the user for re-authentication. The example below shows
// email and password credentials but there are multiple possible providers,
// such as GoogleAuthProvider or FacebookAuthProvider.
AuthCredential credential = EmailAuthProvider
        .getCredential("user@example.com", "password1234");

// Prompt the user to re-provide their sign-in credentials
user.reauthenticate(credential)
        .addOnCompleteListener(new OnCompleteListener<Void>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
                Log.d(TAG, "User re-authenticated.");
            }
        });

Kotlin+KTX

val user = Firebase.auth.currentUser!!

// Get auth credentials from the user for re-authentication. The example below shows
// email and password credentials but there are multiple possible providers,
// such as GoogleAuthProvider or FacebookAuthProvider.
val credential = EmailAuthProvider
        .getCredential("user@example.com", "password1234")

// Prompt the user to re-provide their sign-in credentials
user.reauthenticate(credential)
        .addOnCompleteListener { Log.d(TAG, "User re-authenticated.") }

ユーザーアカウントをインポートする

Firebase CLIのauth:importコマンドを使用して、ファイルからFirebaseプロジェクトにユーザーアカウントをインポートできます。例えば:

firebase auth:import users.json --hash-algo=scrypt --rounds=8 --mem-cost=14