コンソールへ移動

Android で Cloud Storage を使ってみる

Cloud Storage for Firebase を使用して画像や動画などのユーザー作成コンテンツをアップロードして共有し、リッチメディア コンテンツをアプリに組み込むことができます。データは Google Cloud Storage バケットに格納されます。これはエクサバイト スケールのオブジェクト ストレージ ソリューションで、高い可用性とグローバルな冗長性を備えています。Cloud Storage を使うと、モバイル デバイスやウェブブラウザから直接ファイルを安全にアップロードでき、不安定なネットワークも簡単に扱うことができます。

事前準備

まだ追加していない場合は、Firebase を Android プロジェクトに追加します

プロジェクト レベルの build.gradle ファイルの buildscript セクションと allprojects セクションの両方に Google の Maven リポジトリを組み込みます。

デフォルトの Storage バケットを作成する

  1. Firebase コンソールのナビゲーション パネルで [Storage] を選択し、[スタートガイド] をクリックします。

  2. セキュリティ ルールを使用した Storage データの保護に関するメッセージを確認します。開発時に公開アクセスルールの設定を考慮してください。

  3. デフォルトの Storage バケットのロケーションを選択します。

    • このロケーション設定が、プロジェクトのデフォルトの Google Cloud Platform(GCP)リソース ロケーションになります。このロケーションは、プロジェクト内のロケーション設定が必要な GCP サービスで使用されます。具体例としては、Cloud Firestore データベースや App Engine アプリ(Cloud Scheduler を使用する場合に必要)などがあります。

    • ロケーションを選択できない場合は、プロジェクトにデフォルトの GCP リソース ロケーションがすでに設定されています。このロケーションは、プロジェクトの作成時か、ロケーション設定を必要とする別のサービスの設定時に設定されたものです。

    Blaze プランをご利用の場合は、それぞれ独自のロケーションを使用する複数のバケットを作成できます。

  4. [完了] をクリックします。

公開アクセスの設定

Cloud Storage for Firebase には宣言型のルール言語が用意されているため、データの構造化、インデックスの作成方法、データの書き込みと読み取りのタイミングを定義できます。認証ユーザーのみがデータの読み取りと書き込みを行えるように、Storage への読み書きアクセスはデフォルトで制限されています。Authentication を設定せずに開始するには、公開アクセスルールを構成します。

この場合、アプリを使用しない人を含むあらゆる人々に Storage が公開されるため、認証を設定するときに必ず Storage へのアクセス制限を再設定してください。

Cloud Storage をアプリに追加する

Cloud Storage Android ライブラリの依存関係をモジュール(アプリレベル)の Gradle ファイル(通常は app/build.gradle)に追加します。

implementation 'com.google.firebase:firebase-storage:18.1.1'

Cloud Storage を設定する

ストレージ バケットにアクセスするための最初の手順は、FirebaseStorage のインスタンスを作成することです。

Java

FirebaseStorage storage = FirebaseStorage.getInstance();

Kotlin

storage = FirebaseStorage.getInstance()

これで Cloud Storage が使えるようになりました。

まず、Cloud Storage 参照を作成する方法を学びましょう。

高度な設定

次のようないくつかの使用例では、追加の設定が必要です。

最初の使用例は、ユーザーが世界中に存在し、それぞれのユーザーの近くにデータを保存したい場合に最適です。たとえば、レイテンシを短縮するため、米国、ヨーロッパ、アジアの各リージョンでバケットを作成して、各リージョンのユーザーのデータをそこに保存するといったことができます。

2 番目の使用例は、アクセス パターンの異なるデータがある場合に役立ちます。たとえば、写真など、頻繁にアクセスされるコンテンツを格納するためにはマルチリージョンまたはリージョン バケットを、ユーザー バックアップなど、アクセス頻度の低いコンテンツを格納するためには Nearline または Coldline バケットをそれぞれ設定できます。

上記のどちらの場合も、複数のストレージ バケットを使用します。

3 番目の使用例は、Google ドライブのような、ユーザーが複数のログイン アカウント(個人用アカウントや仕事用アカウントなど)を持つことができるアプリを作成する場合に役立ちます。カスタムの Firebase アプリ インスタンスを使用して、追加の各アカウントを認証できます。

複数のストレージ バケットを使用する

上記で提供されているデフォルト以外のストレージ バケットを使用する場合、または単一のアプリで複数のストレージ バケットを使用する場合は、カスタム バケットを参照する FirebaseStorage のインスタンスを作成できます。

Java

// Get a non-default Storage bucket
FirebaseStorage storage = FirebaseStorage.getInstance("gs://my-custom-bucket");

Kotlin

// Get a non-default Storage bucket
val storage = FirebaseStorage.getInstance("gs://my-custom-bucket")

インポートされたバケットを操作する

既存の Cloud Storage バケットを Firebase にインポートする場合は、Google Cloud SDK に含まれている gsutil ツールを使用して、Firebase からファイルにアクセスできるようにする必要があります。

gsutil -m acl ch -r -u firebase-storage@system.gserviceaccount.com:O gs://<your-cloud-storage-bucket>

これは、新しく作成されるバケットには影響しません。新しく作成されるバケットには、Firebase を許可するデフォルトのアクセス制御が設定されます。これは暫定的な措置であり、将来は自動的に行われるようになります。

カスタムの Firebase App を使用する

カスタム FirebaseApp を使用してより複雑なアプリを作成するには、このアプリで初期化される FirebaseStorage のインスタンスを作成します。

Java

// Get the default bucket from a custom FirebaseApp
FirebaseStorage storage = FirebaseStorage.getInstance(customApp);

// Get a non-default bucket from a custom FirebaseApp
FirebaseStorage customStorage = FirebaseStorage.getInstance(customApp, "gs://my-custom-bucket");

Kotlin

// Get the default bucket from a custom FirebaseApp
val storage = FirebaseStorage.getInstance(customApp!!)

// Get a non-default bucket from a custom FirebaseApp
val customStorage = FirebaseStorage.getInstance(customApp, "gs://my-custom-bucket")