Firebase Summit で発表されたすべての情報をご覧ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速し、自信を持ってアプリを実行する方法を紹介しています。詳細

Firebase Crashlytics

Apple、Android、Flutter、Unity向けのこの強力なクラッシュレポートソリューションを使用して、アプリの問題に関する明確で実用的な洞察を得ることができます。

Firebase Crashlyticsは、アプリの品質を低下させる安定性の問題を追跡、優先順位付け、修正するのに役立つ、軽量のリアルタイムクラッシュレポーターです。 Crashlyticsは、クラッシュをインテリジェントにグループ化し、クラッシュにつながる状況を強調表示することで、トラブルシューティングの時間を節約します。

特定のクラッシュが多くのユーザーに影響を与えているかどうかを調べます。問題の重大度が突然高まったときにアラートを受け取ります。クラッシュの原因となっているコード行を特定します。

Crashlyticsをインストールする

主な機能

厳選されたクラッシュレポートCrashlyticsは、クラッシュの雪崩を管理可能な問題のリストに統合し、コンテキスト情報を提供し、クラッシュの重大度と普及率を強調表示するため、根本的な原因をより迅速に特定できます。
一般的なクラッシュの治療法Crashlyticsは、Crash Insightsを提供します。これは、一般的な安定性の問題を浮き彫りにし、トラブルシューティング、トリアージ、および解決を容易にするリソースを提供するのに役立つヒントです。
アナリティクスと統合Crashlyticsは、Analyticsのapp_exceptionイベントとしてアプリのエラーをキャプチャできます。イベントは、各クラッシュに至るまでの他のイベントのリストにアクセスできるようにすることでデバッグを簡素化し、クラッシュのあるユーザーのAnalyticsレポートをプルできるようにすることでオーディエンスの洞察を提供します。
リアルタイムアラート新しい問題、退行した問題、および早急な対応が必要になる可能性のある増大する問題について、リアルタイムのアラートを受け取ります。

実装パス

アプリを接続するまず、 FirebaseコンソールでアプリにFirebaseを追加します。
SDKを統合するCocoaPods、Gradle、またはPubを介してCrashlytics SDKを追加すると、Crashlyticsはレポートの収集を開始します。
Firebaseコンソールでレポートを確認するFirebaseコンソールにアクセスして、アプリの問題を追跡、優先順位付け、修正します。

次のステップ