Firebase Summit で発表されたすべての情報をご覧ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速し、自信を持ってアプリを実行する方法を紹介しています。詳細

GitHubプルリクエストを介してライブチャンネルとプレビューチャンネルにデプロイする

GitHub Action を介して Firebase Hosting にデプロイを統合できます。この GitHub Action でできることは次のとおりです。

  • GitHub リポジトリのすべての PR に対して新しいプレビュー チャネル (およびそれに関連付けられたプレビュー URL) を作成します。

  • プレビュー URL を含む PR にコメントを追加して、アプリの「プレビュー」バージョンで PR の変更を表示およびテストできるようにします。

    プレビュー URL を含む GitHub アクション PR コメントの画像

  • 関連するプレビュー チャネルに自動的にデプロイすることにより、各コミットからの変更でプレビュー URL を更新します。 URL は、新しいコミットごとに変更されません。

  • (オプション) PR がマージされたときに、GitHub リポジトリの現在の状態をライブ チャネルにデプロイします。

注意: プレビュー URL を使用すると、アプリは Firebase プロジェクトの実際のバックエンド リソースとやり取りします。

GitHub Action をセットアップして Firebase Hosting にデプロイする

  1. GitHub リポジトリ (パブリックまたはプライベート) を作成するか、既存のものを使用します。リポジトリの管理者権限が必要です。

  2. リポジトリのローカル バージョンで、 firebase initコマンドを使用して Firebase Hosting をセットアップします。

    • Hosting をセットアップしていない場合は、ローカル ディレクトリのルートから次のバージョンのコマンドを実行します。

      firebase init hosting
    • すでに Hosting をセットアップしている場合は、Hosting の GitHub Action 部分をセットアップするだけです。ローカル ディレクトリのルートから、このバージョンのコマンドを実行します。

      firebase init hosting:github
  3. CLI プロンプトに従うと、コマンドが自動的に GitHub アクションのセットアップを処理します。

    • Firebase Hosting にデプロイする権限を持つサービス アカウントを Firebase プロジェクトに作成します。

    • そのサービス アカウントの JSON キーを暗号化し、指定された GitHub リポジトリにGitHub シークレットとしてアップロードします。

    • 新しく作成されたシークレットを参照する GitHub ワークフローyaml構成ファイルを書き込みます。これらのファイルは、Firebase Hosting にデプロイするように GitHub アクションを構成します。

  4. GitHub で、新しいブランチを作成し、CLI によって作成されたワークフローyamlファイルをコミットします。

  5. ブランチを GitHub リポジトリに公開します。

  6. ブランチをマージします。

それでおしまい!この GitHub リポジトリでの後続の PR では、独自の「プレビュー URL」が自動的に取得されます。

GitHub アクションの詳細

  • Firebase は、「Deploy to Firebase Hosting」GitHub アクションをオープンソース プロジェクトとして維持しています。ソースコードを表示します。

  • 「Firebase Hosting にデプロイ」GitHub アクションを使用すると、プレビュー チャネルの有効期限をカスタマイズしたり、PR がマージされたときにデプロイする非ライブ チャネルを設定したりするなど、さらに構成を行うことができます。利用可能な構成オプションについて学びます。

  • 一般的なGitHub Actionsの詳細をご覧ください。