Firebase コンソールでメッセージを送信する

Firebase コンソールの Notifications Composer を使用して通知メッセージを送信できます。Admin SDKHTTP / XMPP プロトコルでメッセージを送信する場合と比べると、柔軟性やスケーラビリティの点で劣りますが、テスト目的やターゲットを絞り込んだマーケティング、ユーザー エンゲージメントには便利な方法です。Firebase コンソールは、マーケティング メッセージの改善に役立つ、アナリティクスに基づく A/B テスト機能を提供します。

アプリ側でメッセージを受信するロジックを開発しておけば、技術的に詳しくないユーザーでも、Firebase ヘルプセンターの Notifications ページの手順に沿ってメッセージを送信できます。

概要

Notifications Composer からメッセージを送信する場合、Google はフォームのフィールドに入力された値を次の方法で使用します。

  • [ユーザー セグメント] や [有効期限] などのフィールドによってメッセージのターゲットと配信オプションを決定します。
  • [通知テキスト] や [カスタムデータ] などのフィールドは、Key-Value ペアで構成されたペイロードでクライアントに送信されます。

これらのフィールドは、FCM サーバー プロトコルで使用可能なキーにマップされます。たとえば、[カスタムデータ] に入力された Key-Value ペアは、通知のデータ ペイロードとして処理されます。他のフィールドは FCM 通知ペイロードのキーに直接マッピングされます。

Notifications Composer の一部のフィールドは FCM サーバー プロトコルでは使用できません。たとえば、アプリのバージョン、言語、ブラウザの種類やバージョン、ユーザー プロパティなど、サーバー API の to フィールドでは実現できない方法で特定のユーザー セグメントをメッセージのターゲットに設定できます。

Firebase コンソールからクライアントに送信されるキーには次のものがあります。

キー コンソール フィールドのラベル 説明
notification.title 通知のタイトル 通知のタイトルを示します。
notification.body 通知テキスト 通知の本文テキストを示します。
data カスタムデータ 定義した Key-Value ペア。これらのペアは、処理するアプリのデータ ペイロードとして配信されます。

メッセージの配信を決定するキーには次のものが含まれます。

キー コンソール フィールドのラベル 説明
sound 通知音

デバイスが通知を受信したときに再生する通知音を示します。

time_to_live 有効期限

このパラメータでは、デバイスがオフラインの場合にメッセージを FCM のストレージに保持する期間(秒単位)を指定します。詳細については、メッセージの有効期間の設定をご覧ください。