Google I/O 2023 での Firebase の最新情報。詳細

Test Lab で利用できるデバイス

Test Lab を使用すると、さまざまなデバイスや iOS のバージョンでアプリをテストできます。現在利用可能なデバイスは、次に示す方法で確認できます。

  • Firebase コンソール: Firebase コンソールからテストを実行している場合は、[テストを実行する] ワークフローの [ディメンションの選択] 手順の実施中に利用可能なデバイスのリストが表示されます。

  • Firebase CLI: 利用可能なデバイスのリストを Firebase CLI で表示するには、次のコマンドを使用します。

    gcloud firebase test ios models list
  • Google APIs Explorer: Firebase プロジェクトや gcloud CLI を使用しなくても、Google APIs Explorer を使用して直接デバイスを参照できます。

デバイスの容量

Test Lab では、モバイル デバイスの容量の集計情報を Firebase コンソールと Firebase CLI で確認できます。デバイスの容量とは、Google のモバイル デバイスラボで利用できるオンライン デバイスの集計数を意味します。この機能を使用すると、デバイスラボに十分な数のデバイスがあることを確認して、テストをより効率的に実施できます。デバイスの容量は、高、中、低で測定されます。

デバイスの容量レベルにかかわらず、次の要因によりテストに長時間かかる場合があります。

  • トラフィック。テストの開始タイミングに影響します。報告された停止や障害があるかどうかを確認するには、Firebase ステータス ダッシュボードをご覧ください。
  • デバイスまたはインフラストラクチャの障害。いつでも発生する可能性があり、テストの実行時間に影響します。

次の表に、デバイスの容量の種類と、それぞれの推奨される使い方を示します。

容量 説明 推奨される使い方
大容量 Test Lab デバイス カタログに多くのデバイスが含まれています。 多数のテストを実行する場合に使用します。
中容量 Test Lab デバイス カタログに、中程度の数のデバイスが含まれています。 この容量レベルは、ほとんどのテストの実行に適しています。
低容量 Test Lab デバイス カタログに少数のデバイスが含まれています。非推奨のデバイスは低容量のグループに属しますが、低容量のすべてのデバイスが非推奨というわけではありません。 特定のデバイスモデルとバージョンでテストを実行する必要がある場合に使用します。これらのテストは、テストのシャーディングには適していません。特に、多数のテストを同時に呼び出した場合は、容量が低いために、テストが完了するまでに時間がかかることがあります。

Firebase コンソールでデバイスの容量を確認する

新しいテストを設定する際に、特定のデバイスの容量を Firebase コンソールで確認できます。

デバイスの容量を確認する手順は次のとおりです。

  1. Firebase コンソールで [Test Lab] ページを開きます。

  2. [テストを実行] を選択し、テストタイプを選択します。

  3. アプリのバイナリをアップロードします。

  4. [ディメンションの選択] のステップで、[カスタマイズ] をクリックします。

  5. (省略可)容量レベルでデバイスをフィルタする手順は次のとおりです。

    1. フィルタ アイコンをクリックします。

    2. [容量] を選択します。

    3. フィルタする容量レベル([] または [])をクリックします。 容量の少ないデバイスを除外するには、[中] と [高] の両方でフィルタします。

    4. [適用] をクリックします。

  6. テストを実行するデバイスを 1 台以上選択します。選択したデバイスの横に、デバイスの容量が [] または [] というラベルで示されます。

  7. テストを実行します。

Google Cloud CLI でデバイスの容量を確認する

新しいテストを設定する際に、特定のデバイスの容量を gcloud CLI で確認できます。

デバイスの容量を確認する手順は次のとおりです。

  1. 最新の Google Cloud SDK をダウンロードして、手順に沿って操作してください。バージョンは 417.0.0 以降である必要があります。
  2. 次のいずれかのコマンドを実行します。
    gcloud firebase test ios list-device-capacities
    または
    gcloud firebase test ios models describe MODEL_ID

出力には、デバイスの容量、モデル ID、モデル名、OS バージョン ID が含まれます。

非推奨のデバイスとバージョン

非推奨が決定したデバイスは、Test Lab デバイス カタログから削除されるまでの最低 1 か月間選択可能です。デバイスが削除されると、Test Lab はデバイスをターゲットとするテスト リクエストを実行できなくなり、リクエストは Skipped とマークされます。

非推奨のデバイス

モデル デバイス / バージョン 削除日

デバイスをリクエストする

使用するデバイスが Test Lab で利用できない場合は、デバイスをカタログに追加するよう求めるリクエストを送信できます。リクエストを送信するには、[テストを実行する] ワークフローの [ディメンションの選択] ステップの下部にある [デバイスをリクエスト] をクリックします。