Google アナリティクスを使ってみる

このクイックスタートでは、アプリに Google アナリティクスを追加し、イベントのロギングを始める方法について説明します。

Google アナリティクスは、アプリの使用状況や動作に関するデータを収集します。この SDK は主に次の 2 種類の情報を記録します。

  • イベント: ユーザーの操作、システム イベント、エラーなど、アプリで起こっていること。
  • ユーザー プロパティ: 言語や地域など、ユーザー層を示す属性。自由に定義できます。

アナリティクスでは、一部のイベントユーザー プロパティが自動的にログに記録されます。これらのログ記録を有効にするコードを追加する必要はありません。

始める前に

  1. まだ追加していない場合は、Apple プロジェクトに Firebase を追加し、Firebase プロジェクトで Google アナリティクスが有効になっていることを確認します。

    • 新しい Firebase プロジェクトを作成する場合は、プロジェクトの作成ワークフローで Google アナリティクスを有効にします。

    • 既存の Firebase プロジェクトで Google アナリティクスが有効になっていない場合は、 > [プロジェクトの設定] の [統合] タブに移動して Google アナリティクスを有効にします。

    プロジェクトで Google アナリティクスを有効にすると、Firebase アプリが Google アナリティクスのデータ ストリームにリンクされます。

  2. (推奨)AdSupport フレームワークをプロジェクトに追加して、対象デバイス、キャンペーン アトリビューションなどの追加的な機能を有効にします。

アプリにアナリティクス SDK を追加する

Swift Package Manager を使用して Firebase の依存関係のインストールと管理を行います。

  1. Xcode でアプリのプロジェクトを開いたまま、[File] > [Add Packages] の順に移動します。
  2. プロンプトが表示されたら、Firebase Apple プラットフォーム SDK リポジトリを追加します。
  3.   https://github.com/firebase/firebase-ios-sdk
  4. アナリティクス ライブラリを選択します。
  5. アナリティクスでのエクスペリエンスを最適化するために、Firebase プロジェクトで Google アナリティクスを有効にして、Google アナリティクス用の Firebase SDK をアプリに追加することをおすすめします。ライブラリで IDFA の収集を行う / 行わないを選択できます。
  6. 上記の作業が完了すると、Xcode は依存関係の解決とバックグラウンドでのダウンロードを自動的に開始します。

デバイスレベルの広告識別子である IDFA について詳しくは、Apple のユーザーのプライバシーとデータの使用と、App Tracking Transparency に関するドキュメントをご覧ください。

次に、以下の構成手順を行います。

  1. UIApplicationDelegateFirebaseCore モジュールと、アプリのデリゲートが使用する他の Firebase モジュールをインポートします。たとえば、Cloud Firestore と Authentication を使用するには、次のようにします。

    Swift

    import FirebaseCore
    import FirebaseFirestore
    import FirebaseAuth
    // ...
          

    Objective-C

    @import FirebaseCore;
    @import FirebaseFirestore;
    @import FirebaseAuth;
    // ...
          
  2. FirebaseApp 共有インスタンスを構成します。通常は App のイニシャライザまたはアプリのデリゲートの application(_:didFinishLaunchingWithOptions:) メソッドで構成します。

    Swift

    // Use Firebase library to configure APIs
    FirebaseApp.configure()

    Objective-C

    // Use Firebase library to configure APIs
    [FIRApp configure];


(省略可)Apple の広告ネットワーク アトリビューション登録を無効にする

SDK は SKAdNetwork を使用して Apple の広告ネットワーク アトリビューションにアプリを自動的に登録します。この機能を無効にするには、アプリの info.plist ファイルで GOOGLE_ANALYTICS_REGISTRATION_WITH_AD_NETWORK_ENABLED の値を NO(ブール値)に設定します。

イベントのロギングを開始する

FirebaseApp インスタンスを構成すると、logEvent() メソッドを使ってイベントをログに記録できるようになります。

イベントには、すべてのアプリで推奨されるイベントと、特定のビジネスや業種で推奨されるイベントがあります。推奨イベントとパラメータを一緒に送信することで、レポートに詳しい情報を表示できます。また、リリースされる最新の機能や統合を活用することもできます。このセクションでは、あらかじめ定義されているイベントのロギングについて説明します。イベント ロギングの詳細については、イベントをロギングするを参照してください。

次の例では、ユーザーがアプリの特定の要素をクリックしたことを示す推奨イベントをログに記録します。

Swift

注: この Firebase プロダクトは、macOS ターゲットでは使用できません。
Analytics.logEvent(AnalyticsEventSelectContent, parameters: [
  AnalyticsParameterItemID: "id-\(title!)",
  AnalyticsParameterItemName: title!,
  AnalyticsParameterContentType: "cont",
])

Objective-C

注: この Firebase プロダクトは、macOS ターゲットでは使用できません。
[FIRAnalytics logEventWithName:kFIREventSelectContent
                    parameters:@{
                                 kFIRParameterItemID:[NSString stringWithFormat:@"id-%@", self.title],
                                 kFIRParameterItemName:self.title,
                                 kFIRParameterContentType:@"image"
                                 }];

Xcode デバッグ コンソールでイベントを表示するには、次のようにアナリティクス デバッグを有効にします。

  1. Xcode で [Product] > [Scheme] > [Edit scheme] の順に選択します。
  2. 左側のメニューから [Run] を選択します。
  3. [Arguments] タブを選択します。
  4. [Arguments Passed On Launch] セクションで -FIRAnalyticsDebugEnabled を追加します。

次のステップ