Firebase Summit で発表されたすべての情報をご覧ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速し、自信を持ってアプリを実行する方法を紹介しています。詳細

ユーザープロパティを設定する

ユーザー プロパティは、言語設定や地理的位置など、ユーザー ベースのセグメントを記述するために定義する属性です。

Analytics は一部のユーザー プロパティを自動的に記録します。それらを有効にするためにコードを追加する必要はありません。アプリで追加のデータを収集する必要がある場合は、アプリで最大 25 の異なる Analytics ユーザー プロパティを設定できます。

あなたが始める前に

C++ 用 Analytics の使用を開始する で説明されているように、プロジェクトをセットアップし、Analytics にアクセスできることを確認してください。

ユーザー プロパティの設定

Analytics のユーザー プロパティを設定して、アプリのユーザーを説明できます。これらのプロパティをフィルターとしてレポートに適用することで、さまざまなユーザー セグメントの行動を分析できます。

次のようにユーザー プロパティを設定します。

  1. Firebase コンソールの [アナリティクス] タブでプロパティを登録します。

  2. SetUserProperty()メソッドを使用して Analytics ユーザー プロパティを設定するコードを追加します。各プロパティには、選択した名前と値を使用できます。

次の例は、架空のお気に入りの食べ物のプロパティを追加する方法を示しています。これにより、文字列mFavoriteFoodの値がアクティブ ユーザーに割り当てられます。

SetUserProperty("favorite_food", mFavoriteFood);

このデータには次のようにアクセスできます。

  1. Firebase コンソールで、プロジェクトを開きます。
  2. メニューから [ Analytics ] を選択して、Analytics レポート ダッシュボードを表示します。

[ユーザー プロパティ] タブには、アプリ用に定義したユーザー プロパティのリストが表示されます。これらのプロパティは、Google アナリティクスで利用可能な多くのレポートのフィルタとして使用できます。 Firebase ヘルプセンターでアナリティクス レポート ダッシュボードの詳細をご覧ください。