Google I/O 2022 で発表された Firebase の最新情報をご覧ください。詳細

Firebaseの料金プラン

このページでは、Firebaseの課金の仕組みや、他のGoogleサービスとの接続方法など、Firebaseの料金プランについて説明します。

Firebaseは、 SparkプランBlazeプランの2つの異なる料金プランを提供しています。各プランの概要は次のとおりですが、詳細については、このページの以下のセクションをご覧ください。

Sparkの料金プラン

始めるのに支払い情報は必要ありません
または、無料のFirebase製品のみを使用する

Blazeの価格プラン

より多くのサービスにアクセスするには、請求先アカウントを添付してください
と無料の使用量の割り当てを超える使用量レベル

無料のFirebase製品と機能をフルに活用無料のFirebase製品と機能をフルに活用
有料のFirebase製品の無料使用枠*有料のFirebase製品の無料使用枠*
有料のFirebase製品の追加使用に対する従量課金制
クラウド機能へのアクセス
(無料の使用量の割り当て、追加の使用量については従量制の料金)
有料のGoogleCloud製品と機能へのアクセス
*製品によっては、SparkvsBlazeプランで利用できる無料の使用クォータの量が異なる場合があります。詳細については、このFAQをご覧ください。

各料金プランの製品ごとの詳細な内訳については、 Firebaseの料金ページをご覧ください。そのページでは、無料のFirebase製品、無料の使用量の割り当て、Firebase製品の従量課金制について学ぶことができます。

また、ほとんどのFirebase製品は、使用量、割り当て、価格に関する製品固有のドキュメントを提供しています。多くの場合、製品の使用法から請求までの例が示されています。このタイプの情報を見つけるには、Firebaseドキュメントの製品のセクションにアクセスしてください。

次の図は、料金プラン(および請求先アカウント)がプロジェクトとアプリにどのように関連付けられているかを示しています。

料金プランとプロジェクトおよびアプリの関係



Sparkの料金プラン

アプリの開発の初期段階にあるときは、Sparkの料金プランから始めてください。ほとんどのFirebase機能をすぐに使い始めるために、支払い情報を提供する必要はありません。

また、FCMやCrashlyticsなどの無料のFirebase製品のみを使用している場合は、本番アプリでSparkプランを使用できます。

Sparkプランには何が含まれていますか?

Sparkプランには、サービスへの次のアクセスが含まれています。

  • 無料のFirebase製品と機能(ソーシャルサインイン方法、FCM、Crashlyticsなど)をフルに活用
  • 有料のFirebase製品(Cloud Firestore、Cloud Storage、Hostingなど)の無料使用枠

シナリオ例

Sparkプランの使用法と請求の例を次に示します。

  • アプリはRemoteConfig、Cloud Messaging、Crashlyticsを使用しています。アプリに数百万人のユーザーがいる場合でも、これら3つの製品のすべての機能に無料でアクセスできます。

  • アプリはカスタム認証、Crashlytics、CloudFirestoreを使用しています。カスタム認証とCrashlyticsのすべての機能にアクセスでき(ユーザー数に関係なく)、さらに、毎日20,000のCloudFirestoreドキュメントの書き込みと50,000のドキュメントの読み取りを無料で利用できます。

Sparkプランについて覚えておくべき重要な事実

Sparkの料金プランについては次の点に注意してください。

  • いずれかの製品について、暦月に無料の割り当て制限を超えた場合、その特定の製品のプロジェクトでの使用は、その月の残りの期間は停止されます。

    • これは、そのFirebaseプロジェクトに登録されているすべてのアプリに適用されます。

    • その特定の製品を再度使用するには、次の請求サイクルまで待つか、Blaze料金プランにアップグレードする必要があります。

  • 有料のGoogleCloud製品と機能(Pub / Sub、Cloud Run、AnalyticsのBigQueryストリーミングなど)は、Sparkプランのプロジェクトでは利用できません。



Blazeの価格プラン

プロジェクトで有料サービスが提供する機能が必要な場合は、Blaze料金プランに切り替えてください。 BlazeプランのFirebaseプロジェクトには、 Cloud Billingアカウントが関連付けられています。これにより、プロジェクトとアプリがより多くのサービスとより高い使用レベルにアクセスできるようになります。

Blazeプランには何が含まれていますか?

Blazeプランには、サービスへの次のアクセスが含まれています。

  • 無料のFirebase製品と機能(ソーシャルサインイン方法、FCM、Crashlyticsなど)をフルに活用

  • 有料のFirebase製品(Cloud Firestore、Cloud Storage、Hostingなど)の無料使用枠

  • 有料のFirebase製品の追加使用に対する従量課金制

  • Cloud Functions for Firebaseの無料使用枠、その後の従量課金制

  • 有料のGoogleCloud製品と機能(Pub / Sub、Cloud Run、アナリティクスのBigQueryストリーミングなど)へのアクセス

プロジェクトがBlazeプランの有料製品の無料使用割り当ての範囲内にある場合、それらの製品の請求は表示されません( Cloud Functionsを除く)。ただし、たまたま無料の使用量の割り当てを超えた場合は、消費したリソースに対してのみ料金を支払います。これが、Blazeプランが「従量制」プランと呼ばれることが多い理由です。

シナリオ例

Blazeプランの使用法と請求の例を次に示します。

  • アプリはRemoteConfig、Cloud Messaging、Crashlyticsを使用しています。アプリに数百万人のユーザーがいる場合でも、これら3つの製品のすべての機能に無料でアクセスできます。

  • アプリはカスタム認証、Crashlytics、CloudFirestoreを使用しています。カスタム認証とCrashlyticsのすべての機能にアクセスでき(ユーザー数に関係なく)、さらに、毎日50,000件のCloudFirestoreドキュメントの読み取りと20,000件のドキュメントの書き込みを無料で利用できます。

    ただし、プロジェクトでのCloud Firestoreの使用量が1日の割り当てよりも多い場合は、その日の読み取り/書き込みが50Kまたは20Kのカウントを超えた場合に課金されます。

Blazeプランについて覚えておくべき重要な事実

Blazeの料金プランについては、次の点に注意してください。

  • 製品によっては、SparkvsBlazeプランで利用できる無料の使用クォータの量が異なる場合があります。詳細については、このFAQをご覧ください。

  • ほとんどのFirebase製品と機能には、1日の使用量に基づく割り当てと価格設定がありますが、月次または1時間の使用量に基づくものもあります。たとえば、Cloud Functionsには、毎月リセットされる無料の使用階層がありますが、CloudFirestoreとCloudStorageには、毎日リセットされる無料の利用階層があります。詳細については、このFAQをご覧ください。

GoogleCloudBillingアカウント

プロジェクトがBlazeの料金プランに含まれている場合、プロジェクトはGoogleCloudBillingアカウントに関連付けられます。 CloudBillingアカウントに関する簡単な事実は次のとおりです。

  • クラウド請求アカウントにはお支払い方法が必要です。これには、ほとんどの主要なクレジットカード、銀行口座、PayPal支払い方法(お住まいの国でサポートされている場合)が含まれます。詳細については、 CloudBillingのドキュメントを参照してください。

  • 複数のFirebaseプロジェクトを単一のCloudBillingアカウントに関連付けることができます。これらのプロジェクトはすべて、Blazeの価格プランに含まれます。

FirebaseとGoogleCloudを初めて使用する場合は、 300ドルのクレジットと無料試用版のCloudBillingアカウントを利用してGoogleのサービスを試す資格があるかどうかを確認してください。



料金プランの切り替え

SparkからBlazeへのアップグレード

FirebaseコンソールでBlaze料金プランにアップグレードできます。

すべての目的と目的で、Blaze料金プランにアップグレードするということは、関連するGoogleCloudプロジェクトにCloudBillingアカウントを追加することを意味します。

次のアクションと状況により、料金プランがSparkからBlazeに自動的にアップグレードされます。

  • GoogleCloudConsoleを介してプロジェクトにCloudBillingアカウントを追加する

  • 同じプロジェクトでGoogleCloudサービス(Pub /SubやCloudRunなど)またはGoogleMapsAPIを使用する

    たとえば、Google CloudConsoleを介してGoogleCloudサービスの使用を開始する場合は、Cloud Billingアカウントを追加する必要があります。これにより、Firebaseの料金プランがBlazeプランに自動的にアップグレードされます。

プロジェクトをSparkからBlazeにアップグレードする場合は、次のことに注意してください。

  • 製品によっては、SparkvsBlazeプランで利用できる無料の使用クォータの量が異なる場合があります。詳細については、このFAQをご覧ください。

BlazeからSparkプランへのダウングレード

FirebaseコンソールでSpark料金プランにダウングレードできます。

次のアクションと状況により、料金プランがBlazeからSparkに自動的にダウングレードされます。

  • GoogleCloudConsoleを介してプロジェクトから関連するCloudBillingアカウントを削除する

  • プロジェクトに関連付けられているCloudBillingアカウントを閉鎖する
    Cloud Billingは、支払いステータスまたは履歴に基づいてアカウントを閉鎖できることに注意してください。 CloudBillingの問題を解決する方法を学びます。

プロジェクトがBlazeからSparkにダウングレードする場合は、何が起こるかに注意してください。

  • プロジェクトは、Pub / Sub、Cloud Run、Analytics用のBigQueryストリーミングなどの有料のGoogleCloudサービスにアクセスできなくなります。

  • プロジェクトは、デフォルト以外のRealtimeDatabaseインスタンスまたはデフォルト以外のCloudStorageバケットにアクセスできなくなります。

    • これらのインスタンスとバケットのデータは削除されませんが、データにアクセスすることはできません(アプリからの読み取り/書き込みアクセス、コンソールアクセス、REST APIアクセスはありません)。

    • アクセスを再度有効にするには、Blaze料金プランにアップグレードしてください。

    • これらのデフォルト以外のインスタンスやバケットからデータを削除する必要があるが、Sparkプランを継続する必要がある場合は、サポートに連絡してください。

  • 新規または既存のCloudFunctionの新規デプロイを行うことはできません。

  • 製品によっては、SparkvsBlazeプランで利用できる無料の使用クォータの量が異なる場合があります。詳細については、このFAQをご覧ください。



次のステップ