Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

ウェルカムバック画面をカスタマイズする

パーソナライズされたコンテンツは、ユーザーの好み、使用履歴、およびロケールに基づいて、ユーザーを喜ばせ、アプリとの最初のやり取りからエクスペリエンスを提供できます。 Firebase では、Google アナリティクスの指標に基づいてオーディエンスを定義し、Firebase コンソールから直接 Firebase Remote Config を使用してアプリケーションをカスタマイズできます。

これら 2 つの機能を一緒に使用すると、リピーター ユーザーの好みやアプリでのアクティビティに基づいて、アプリのウェルカム バック画面をカスタマイズできます。

このガイドでは、Android で独自のパーソナライズされた「おかえり」画面を作成するプロセスについて説明します。

開始するには、Firebase プロジェクトに接続された Android アプリが必要です。まだお持ちでない場合は、「 Android の使用を開始する」を参照して、アプリを接続してください。

実装の概要

アプリのパーソナライズされたウェルカム スクリーンの実装は、次の 3 つの大まかな手順で構成されます。

  1. パーソナライズする要素のパラメーターを保持するように Remote Config をセットアップします。たとえば、ようこそ画面のメッセージをパラメータとして保存できます。これにより、アプリを再公開せずにメッセージを更新できます。
  2. Analytics を設定して、Remote Config の対象ユーザーやユーザー プロパティを定義し、ユーザーをターゲットにします。どちらの機能もターゲティングに使用できます。ただし、それらの間には重要な違いがあります。それぞれの相対的な利点については、このガイドの後半で説明します。
  3. Remote Config 条件を構成して、設定した Analytics オーディエンスまたはユーザー プロパティに基づいてパラメーターをカスタマイズします。

Remote Config でパラメータを設定する

カスタマイズするアプリの要素を特定したら、Remote Config を使用してパラメーターを保存します。このガイドの残りの部分では、ようこそ画面のメッセージをパーソナライズする方法について説明します。

Firebase コンソールで行うこと

  1. Firebase コンソールのRemote Config パラメータページに移動します。アプリで Remote Config を構成したことがない場合は、[最初のパラメーターを追加] をクリックします。
  2. パラメータ キーとデフォルト値を入力します。たとえば、 welcome_messageWelcome to this sample appなどです。

    Remote Config パラメータの設定。

  3. [変更を公開] をクリックします。

Android アプリでできること

  1. Firebase コンソールでアプリに追加したパラメータを読み取って表示するコードを追加します。例えば:

    final FirebaseRemoteConfig config = FirebaseRemoteConfig.getInstance();
    config.getInstance.fetch(CACHE_EXPIRATION_MS)
      .addOnCompleteListener(this, new OnCompleteListener<Void>() {
        @Override
        public void onComplete(@NonNull Task<Void> task) {
            if (task.isSuccessful()) {
                config.activateFetched();
    
                String welcomeMessage = config.getString("welcome_message");
            }
        }
    });
    

    Android で Firebase Remote Config を使用するの手順に従って、コンソールで作成したパラメーターを読み取って表示することもできます。行き詰まった場合は、 Android ウォークスルーで、実際のサンプル アプリの実装をガイドします。

  2. 開発者モードをオンにして、テスト中に構成の変更をすぐに確認します。

動作することをテストする

  1. アプリを開き、 Remote Config UIにパラメーターの現在の値が表示されていることを確認します。
  2. コンソールで値を変更し、[ Publish Changes ] をクリックします。
  3. アプリを再起動します。新しいパラメータ値が表示されます。

アナリティクスのオーディエンスまたはユーザー プロパティを設定する

このステップでは、Analytics を使用して、パーソナライズされたコンテンツを表示する必要があるユーザーを定義します。このチュートリアルでは、ユーザー プロパティを使用してこれを行いますが、 Audienceを定義することもできます。これらのアプローチは似ていますが、ユーザーがオーディエンスに追加されると、オーディエンスを離れたり削除したりできないことに注意してください。ターゲティングに使用する属性が変更される可能性がある場合は、代わりにユーザー プロパティを使用してください。

Firebase コンソールで行うこと

  1. Firebase コンソールでアナリティクスのユーザー プロパティページに移動します。 [新しいユーザー プロパティ]をクリックします。
  2. ユーザー プロパティに名前と説明を付けます。たとえば、ユーザーが犬と猫のどちらを好むかに基づいてアプリをカスタマイズする場合は、 animal_preferenceという名前を付けることができます。

    アナリティクス ユーザー プロパティの構成。

  3. [作成]をクリックします。

Android アプリでできること

  1. ユーザー プロパティの設定の手順に従って、アプリケーションでユーザー プロパティを設定する方法を学習してください。たとえば、ユーザーに猫と犬のどちらが好きかを尋ね、それに応じて文字列値を設定できます。プロパティをコンソールに登録する手順は、前のセクションで既に行っているため、スキップできます。
  2. イベントのデバッグの手順に従って、アプリのデバッグ モードを有効にします。

動作することをテストする

  1. アプリを開き、ユーザー プロパティが設定されている場所に移動します。
  2. Firebase コンソールでAnalytics DebugView ページを開きます。
  3. ユーザー プロパティが設定されているかどうかを確認します (何かが表示されるまでに数分の遅延がある場合があります)。

Remote Config の条件を設定する

構成可能なパラメーターと、変数として使用するユーザー プロパティ (または対象ユーザー) がアプリにあるので、パラメーターの値をパーソナライズするための条件を作成できます。

Firebase コンソールで行うこと

  1. Firebase コンソールでRemote Configに移動します。
  2. パラメータをクリックして編集します。
  3. [条件に値を追加] をクリックします。
  4. [新しい条件を定義] を選択します。
  5. 条件に名前を付けます。たとえば、「猫が好き」は、以前からのユーザーの好みを反映します。
  6. [次の場合に適用] で、[ユーザー プロパティ] (Analytics でオーディエンスを作成した場合はオーディエンス内のユーザー) を選択し、パラメーターを選択して、パラメーター値との条件付き関係を定義します。

    新しい Remote Config 条件。

  7. [条件を作成] をクリックします。

  8. 新しい条件を反映する値を入力します。たとえば、「Prefers cats」のウェルカム メッセージは「Meow!」のようになります。

  9. [更新]をクリックして、変更を保存します。

  10. [変更を公開]をクリックして、アプリで新しい条件と値を有効にします。

動作することをテストする

  1. アプリを開き、ユーザー プロパティが設定されている場所に移動します。
  2. Firebase コンソールでAnalytics DebugView ページを開きます。
  3. ユーザー プロパティが設定されているかどうかを確認します (何かが表示されるまでに数分の遅延がある場合があります)。
  4. アプリを再起動し、パーソナライズされた要素が設定されていることを確認します。